大師のみてら 御法山蓮花院は、運勢,開運,因縁,除霊,浄霊,生霊,お祓い,先祖供養,水子供養,修行,滝行,祈願祈祷,家相,方位方角などを相談するお寺です相談申し込みはこちら蓮花院へのお問い合わせ0297-72-4731まで

蓮花院トップページ修行のページ > 滝行の参加申込みフォーム
蓮花院メールでお問い合わせ
滝行参加申込みはこちらから
 ●滝行について

蓮花院では、毎月第3日曜日に滝行を修しております。あなたの心の弱さや霊的な障害により、本当の自分を見失っていませんか?自己改革と新しい人生のために、私たちと一緒に一歩踏み出してみませんか?
滝行は女性でも、初心者の方でも、お一人でもご参加できます。滝行を通じて自分と向き合い、新たな自分を発見してください。
早朝のため交通機関にご心配のある方は、前日に蓮花院にて宿泊することもできますので、あらかじめご相談下さい。

 ●こんな人におすすめ

自行としては、自己覚醒、清め、祈願、メンタル改善が主流になります。経験のない方は、春から秋までが良いコンディションだと思います。願い事のある人は、その願いをひたすらに念じ、健康祈願の方は身体の復活再生を願い、ストレスを抱えた方は滝に浄め流すのです。
心願成就・無病息災・家庭円満・安産祈願・子宝天授・悪霊退散・社運隆昌・学業成就・受験合格・交通安全・災難消除など。

 ●集合時間・集合場所 (どちらかお選びください)

1、蓮花院出発 : AM5:00集合・5:30出発(※前日から蓮花院に宿泊も可)
2、東北自動車道の矢板インター集合・出発 : AM8:00集合・出発
※ 蓮花院への帰院時間は午後4時~5時頃(交通事情による)になります。

 ●集合場所の詳細(矢板IC)
矢板IC

矢板インター 矢板インターの拡大地図

 ●当日の持ち物
洗面用具(宿泊される方)、バスタオル、普通のタオル(温泉用)、大きいビニール袋(着替えや荷物などを入れるもの)、上着(滝から出た後に着るもの)、履きなれた靴(サンダル等は向きません)、雨具(雨の場合はカッパがおすすめです)、動きやすく汚れても良い服装、滝行参加費1万円
 ●お申込みについて

1、お申込みご希望の方は、滝行の5日前(前週火曜日)の17時までにご連絡下さい。(※前週火曜日の夕方締め切りです)
2、貸出の行衣の都合上、団体やグループでお申込みの場合は各自でお申し込みください。または代表者様が他の方のお名前(フルネーム)、身長、サイズ(洋服のサイズと足のサイズ)を自由記入欄にご記入ください。

送信フォーム
 ●参加者についてご入力ください
※必須項目はこちらからご連絡する際に必要となります。

●申込み 滝行参加の申込み
●お名前 必須項目です  例:蓮花 太郎
●ふりがな 必須項目です  例:れんげ たろう
●性別 必須項目です 男性 女性
●年齢 必須項目です
●ご住所 必須項目です
●連絡先電話番号 必須項目です
※こちらから連絡する場合の電話番号:携帯電話など
●Eメール 必須項目です
例:you@minorizan-rengein.com

 ●滝行についてご入力ください
※当日は蓮花院からAM5:30出発、もしくは矢板インターAM8:00出発です。(ご希望の方は前日から蓮花院にて宿泊が可能です。)

●参加希望月
ライン
●集合・出発 蓮花院から出発 矢板インターで待ち合わせ
ライン
●宿泊について 宿泊する 宿泊しない
※7月の滝行に限り、宿泊ご希望の方は午後7時半以降にお越しください。
ライン
●宿泊する場合 到着予定時間: 頃到着予定
交通手段: 電車 お車
(※夜9時までにお越し下さい。)
ライン
●宿泊しない場合 蓮花院から出発の場合(AM5:00集合、5:30出発)
電車で到着 お車で到着
ライン
矢板インターで待ち合わせの場合(AM8:00集合・出発)
  車種:
ライン
●行衣の準備のため 身長: センチ、 
洋服のサイズ: 、足のサイズ: センチ
ライン
●喫煙について 喫煙する 喫煙しない
ライン
●保険について 加入希望する 加入希望しない
※加入ご希望の方は必ず生年月日をご入力ください。
(保険加入の費用はかかりません)
ライン
●滝行の体験 初めて 体験がある
ライン
●参加の動機 初めての方は滝行参加の動機をお聞かせ下さい。
ライン
●自由記入欄

ご入力いただく個人情報は、SSL暗号化通信によって守られます。

御法山蓮花院とは・・・
蓮花院のご案内 蓮花院の交通アクセス案内

 蓮花院は関東の茨城県取手市にある、お大師さま(弘法大師空海)の教えを皆さんと共に学び、また修行を行う「真言宗」のお寺です。私たちはみなさんの悩みや苦しみを和らげ、仏様の種を育て幸せになってもらうお手伝いをさせて頂きたいと願っています。心の弱さや霊的な障害を乗り越え、自己改革と新しい人生のために、私たちと一緒に未来に向かって一歩踏み出してみませんか。

蓮花院の電話番号   蓮花院メールで問合せ
蓮花院とは